とあるエンジニアの読書ブログ

読んだ本について理解を深めるために記録していきます

4冊で1作品 法条遥の「リ」シリーズ

リライト (ハヤカワ文庫JA)

タイトル:リライト、リビジョン、リアクト、リライブ
著者:法条 遥
レーベル:ハヤカワ文庫JA

 

小説は記事を書かないつもりでしたが、記録として簡単な感想だけ残しておきます。

しばらくサボっていたので久しぶりの更新です。

 

シリーズ1作目のリライト購入のきっかけは、有楽町の三省堂で書店員おすすめ企画の一冊として平積みされていたのを見かけたことです。
タイムリープ系はもともと好きなんですが、「もうひとつの時をかける少女」、「SF史上最悪のパラドックス」などのコピーに惹かれて購入しました。

 

結論としてはとても面白かったです。ただし、人は選ぶかもしれません。

どう面白かったかというと、読んでいない時間も出来事の因果関係を考え混んでしまう程、複雑な構成で(ここを説明するとネタバレなのでやめておきますが)、最後(4冊目)まで飽きることなく読めました。

ただし、ツッコミどころは多いと思われるので、細かい矛盾や無茶で冷めてしまう人、ライトノベルによくある御都合主義的展開が苦手な人は読めないかもしれません。(とはいえ報われない人もけっこういるけれど)
タイムリープものが好き、ライトノベルに抵抗がない人にはおすすめできると思います。

 

リライト (ハヤカワ文庫JA)

リライト (ハヤカワ文庫JA)

 
リビジョン (ハヤカワ文庫JA)

リビジョン (ハヤカワ文庫JA)

 
リアクト (ハヤカワ文庫JA)

リアクト (ハヤカワ文庫JA)

 
リライブ (ハヤカワ文庫JA)

リライブ (ハヤカワ文庫JA)