とあるエンジニアの読書ブログ

読んだ本について理解を深めるために記録していきます

相手を思ってやってみる『「気遣い」のキホン』

仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン

 

仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン

 

 

こちらもKindle Unlimitedで見つけた本。

一時期ラインナップが問題になりましたが、月額980円で読み放題なら十分すぎますね。

 

本題ですが、僕は「気遣い」というのがとても苦手です。

いつでも考えすぎてしまう。その結果何もできない。

そういう事が良くあり、しばしば悩んでしまいます。

 

この本は、そういった悩みを解消するためのヒントになるかなと軽い気持ちで読み始めました。しかし、ヒントどころか答えが書いてあって一気に読みきってしまいました。

 

著者の三上氏いわく、気遣いができないのは自信がないから、そして自信がないのは、実は自分のことばかり考えているから。

それは例えば、

「これをして相手が不快に思ったらどうしよう」

「気に障ったら嫌だな」

などと考えるのは結局のところ、自分が相手にどう思われるかしか考えていないということです。

 

だから、大事なのは自分が相手にどう思われるかではなく、相手がどうしたいかを考えて行動すること。

そうすればあまり相手からどう思われるかは気にならないし、仮に心配が的中してしまっても、相手がどうしたいかを考えて行動した結果なので納得のしようがある。

この考えは実践できるかどうかは、それこそ自信がないですが、ぜひとも実践しようと思わせてくれるものでした。

 

この本に書いた一番大切なこと。それは「相手のためになると思うこと」を「自信がなくてもやってみる」ことです。

 

肝に銘じたいと思います。

 

全体を通しては、著者の体験談を通して、色々なシーンでこの考え方を実践するヒントとなっているだけでなく、CAさんはじめ接客業の方々の気遣いの素晴らしさも垣間見れるような内容となっています。

 

まったく話が変わりますが、最近学んでいるマインドフルネスを鍛えるためのトレーニングのひとつに、すれ違った人の幸せを願うといったものがあります。このトレーニングを重ねていけば、相手のためになることが少しでも見えてくるようになるでしょうか。

 

仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン

仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン